路地裏リブレット

思いつくままに詩や言葉を書いています。 

棚の奥

  1. 2017/01/24(火) 13:19:01_
  2. 言葉
貴女にとっての「いつか」とは
何時になったらやってくるの

今すぐ役目を持たせてよ
早く僕を此処から出して


テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学


雪明りの夜

  1. 2017/01/23(月) 13:17:01_
  2. 言葉
四肢の震えるような夜に
一人のベッドで目を覚ました

温かいお茶でも飲もうかと
明かりを求める指が止まる

真っ白な街が夜を照らして
寝室には闇が一つもない

凍えた身体も忘れ果てて
僕はカーテンに手を掛けた


テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学


Scrap

  1. 2017/01/22(日) 13:16:01_
  2. 言葉
沈黙は金 雄弁は銀
中途半端は鉄の屑

多くを語れないくせに
黙ってる事も出来なくて
空にぼやきを投げている
僕の心は鉄の屑


テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学


いつか見た赤い傘

  1. 2017/01/21(土) 13:13:01_
  2. □パレット100題
雪の中にパッと咲いた
大きな赤い傘の花

温かい茶を匂わせて
蜜蜂のように人が寄る

席を求めて椅子を覗けば
鮮やかな牡丹と目が合った

それは何よりも芳しい
君と出会った冬の記憶


テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学


野草庭園

  1. 2017/01/20(金) 13:12:01_
  2. 言葉
野薔薇は水をたっぷりと
タイムは乾燥した場所で

菫に熱い陽は避けてやり
ビオラには日の当たる場を

その子に合った世話をしないと
この子達は枯れてしまう

なのに 貴方は
ねえ どうして


テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学


ある会話♯170111

  1. 2017/01/19(木) 13:11:03_
  2. ある会話
年季の入ったグラスを見て
彼は哀しそうに言った

「君だって汚れたお古より
 綺麗で新しい物がいいだろ?」

それがグラスの事でないと
私はちゃんと分かっている

「気に入っているから、いいんだよ」

捨てようとする 彼の手を握った

「汚れたら綺麗にすればいい
 何度でも 何度でもね」


テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学


ママ

  1. 2017/01/18(水) 13:11:02_
  2. 言葉
狭いカウンターに肩を並べ
眺める顔は1人の女性

少ないメニューといつもの味で
代り映えのない会話をする

隣にいるのが知らない人でも
ここは僕らの1つの家

「おかえりなさい」 「お疲れ様」
きっと明日も 僕はこの家の子


テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学


Age

  1. 2017/01/17(火) 13:11:01_
  2. 言葉
痛々しくて青臭い
尖った詩がもう書けなくても

瑞々しくて甘やかな
実になる詩はまだ書けなくても

きっと 今の自分にしか
書き出せない情景がある

この歳を生きるのは一度きり
目一杯 爪痕を残そうぜ


テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学


blessing

  1. 2017/01/16(月) 13:10:01_
  2. 言葉
足が動くこと
息ができること
毎朝 目が覚めること

美味しい物が食べられて
隣には君がいてくれること

時々は思い出そう
そんな日々が果報であることを


テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学


ないものねだり

  1. 2017/01/15(日) 13:05:02_
  2. 言葉
自分以外の全ての人が
君より恵まれて見えるのかい

誰かの目で見た君だって
そのうちの一人なんだよ


テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

水葵

Author:水葵
詩や言葉を呟く。
携帯更新がメインなので、返信は遅いです。
旧作はホームページに格納。
無断転載禁止

HP:かりそめの青。 作品倉庫

ブログランキング

FC2カウンター

« 2017 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム