FC2ブログ

短詩509

蒲公英の綿毛を吹いて 不安も一緒に吹き飛ばす


短詩508

庭を囲む低木で 赤と白とが咲き競う


短詩505

陽の暖かな場所を探して 実家の猫の尻尾を追う


短詩501

雨で歪む視界の中で 白い花々が雲になる


短詩407

君の人生を斜め読みして 理解者を気取る通行人A


短詩307

籠から覗く三角耳 見つけて細める私の目


短詩305

桜餡をたっぷり乗せて 花も団子もいただきます


短詩303

冬の空気を雨が洗って 眩しい春がやって来る


短詩219

心細さを映す三日月 細い光と未知の暗さ


短詩203

毛布を幾重にも巻いて 芋虫のように春を待つ


プロフィール

水葵

Author:水葵
詩や言葉を呟く。
旧作はホームページに格納。
無断転載禁止

かりそめの青。 作品倉庫


カテゴリ
ブログランキング

FC2 Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
リンクフリー