短詩1002

2017/10/02 Mon 09:22:05

童話の後のベッドで見る 現実的な夢の話


短詩

短詩1001

2017/10/01 Sun 09:22:04

自分の中の声を許すと 途端に言葉が溢れてくる


短詩

短詩928

2017/09/28 Thu 09:22:01

これは私の物語です と 「私」じゃない美女が表紙で言う


短詩

短詩926

2017/09/26 Tue 09:21:01

雨で乱れた周波数が 君の声を遠くする


短詩

短詩925

2017/09/25 Mon 09:20:03

トースターで奏でる朝のメロディ お、は、よ、う


短詩

短詩910

2017/09/10 Sun 09:08:01

夏よりも働くクーラー 暑さと食べる秋の味


短詩

短詩905

2017/09/05 Tue 09:04:01

虹に会いたくて雨に濡れた 草臥れ儲けの青春記


短詩

短詩816

2017/08/16 Wed 08:14:01

熱くて飲めない珈琲を 冷たい議論でさます午後


短詩

短詩814

2017/08/14 Mon 08:11:01

騒ぐ時計の秒針が 眠気を奪う午前2時


短詩

短詩808

2017/08/08 Tue 08:06:01

掴めずにいる君の手を 背後に落ちた影で繋ぐ


短詩
 | HOME | Next »