フォーカス

2017/03/14 Tue 15:10:01

縮れた髪を梳かしながら
夢の続きを想うことができる

ごみ収集所に向かいながら
路傍の花に微笑むこともできる

空の薄暗い雨の日でも
綺麗な傘を眺めて歩いていける

いつ どんな時だって
瞳は好いことを映していよう
ガラクタだらけの場所にあっても
何を見るかは 私が決める


関連記事
言葉
« 曇り心 | HOME | Gift »