短詩125

2018/01/25 Thu 13:23:02

雪明りと食事する 真冬の昼の贅沢時間


関連記事
短詩
«  | HOME | 短詩124 »